2007年11月24日(土)曇り時々小雨気温4度
2007年11月25日(日)
くもり時々晴れ気温6度
11月こうざんちょう・もりのようちえん
参加者 24日合計 22名(うち 大人8名 幼児14 名)
25日合計 17名(うち 大人10名 幼児7名)
スタッフとサポーター 24日 杉山、河上(モモくら)、高慶(森トン)、辻、横山(文化女子大ボラ)高子、佐山(文化女子大実習生)、北村(一般ボランティア)、西埜(鉱山スタッフ)

25日 杉山、中川、小野田、梅田、児玉(AMのみ)、伊藤(省)(モモくら)、高慶(森トン)、辻(文短ボラ)、青山、中川(文短実習生)、外山(一般ボランティア)、西埜(鉱山スタッフ)
内容 11月のもりのようちえん、
寒くなってきたからか、参加者数は少なくなってきましたが、集まった子どもたち、そして、親の皆さんはちょっと雨がふっても、ちょっと寒くても、やる気がありありとしていました。
格好の準備も万全ですね。もう、スキーウェアを着る季節ですね。

今回も、絵本を読んで始まりました。
今日の絵本は「たのしいふゆごもり」という絵本です。
クマが、冬支度のために山のものを沢山あつめて、厳しい冬に備えるというストーリーです。

そして、いつものように、もんきーパークで遊んでいると、おやおや、クマのような?クマさんが遠くから歩いてきましたよ!

「これからさむーい冬がくるから、たくさん食べないといけないし、暖かい家もないといけないし・・・」
ということで、みんなで、森へ、美味しいもの探しにいったり、もんきーパークで冬でもみんなで入れる小屋づくりをしました。

子どもは自然のなかから、”そうぞうりょく”をふくらます天才ですね。

一緒についている、大人自身にとっても、なんだか頭の体操のような、とっても、柔らかい発想で、遊ぶことの楽しさを感じながら、森でいろいろなものを発見しましたよ。

トドマツの樹液を集めて、「はちみつ」マツの落ち葉を集めて、「焼きそば」色々な種類の草の種を集めて、「ふりかけ」細い枝を適当に折って、「はし」水たまりに張った氷のかけらを、「家の窓」、「かがみ」、「お酒」シラカバの皮を薄く剥いで色が変わってだんだんピンクになって、「りんごの皮」などなどなどなど・・・。

本当におもしろい。

そして、特に今月は、
お父さんが大活躍!

倒木の枝を切って、それを、運んでならべて、立てかけて、枝の家を子どもたちが遊びやすいようにしたり、子どもたちが集めてきた、いろいろな自然物を入れるための箱を木の廃材をつかって、のこぎりやトンカチでつくったり、焚き火で焼き芋を焼いたり、子どもと一緒に薪割りをしたりと、ありがとうございました。
次回はたぶん、雪のもりのようちえんですね。
暖かい格好で来てくださいね!
活動場所 ネイチャーホール、もんきーパーク、遊歩道周辺
タイムスケジュール 10:00〜12:20 ふゆごもり準備
12:20〜13:15 お昼ごはん
13:15〜14:00 じゆうあそび
Commen 西埜
photos 西埜
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■こうざんちょうもりのようちえん
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ