2007年10月10日(水) はれ 16度 三愛病院デイケアさあくる活動サポート
活動内容
三愛病院の皆さんがきてくれました。
秋晴れの心地の良い鉱山町で、秋の味覚や秋の色彩、秋の匂い、秋の味、秋の肌触りなどなど・・・。
一時間半という限られた時間の中でしたが、自然のなかで楽しまれていました。
ふぉれすと鉱山から、林道に向けて、秋のいろいろを見ながら、探しながら、集めながら、お散歩感覚で、お茶飲みしにいきました。(お茶はみんなでつくる、鉱山町特選のクマザサ茶!)

はじめは、たんたんと歩く皆さんでしたが、だんだんと、気持ちが開放され、ある人は、ヤマブドウが木の上に生っているのを前に、少年にかえったり、ササ茶づくりに夢中になって茶屋のマスターになったり、昔の鉱山町を思い出して時代の面影を探したり、トチノミ、ヤマブドウ、オオウバユリ、オオイタドリ(どんがいって読んでいました
ね)、ウド、カツラ、キタコブシ、ミズナラ、クマイザサなどなど、自然のものに感覚を研ぎ澄ませたてみたりと、いろんな楽しみ方をされていましたよ。

「病院に帰っても、やってみよう!」とやる気満々でかえられていたので、きっとこれからに活かせてもらえそうで、私たちも嬉しかったですよ!
参加者 合計 8名(うち大人 8名)
活動場所 ふぉれすと鉱山周辺林道など
スタッフ(敬称略) 遠藤、西埜
活動時間 13:00 ふぉれすと鉱山出発、散策
14:20 クマザサ茶つくり、お茶の時間
15:00 ふぉれすと鉱山着 解散
Comment 西埜
photos 西埜
  
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ