2007年9月27日(木)くもり時々雨18度 白老町立竹浦小学校5年生宿泊学習「コーザン・自分ツアー」
       28日(金)くもり時々雨 17度
活動内容
今回学校の先生が子ども達に達成して欲しかった活動のねらいは、「自分で決断し行動すること、自分で課題を見つけ、解決していく場面を経験すること」。

そんな思いを受けて、「コーザン自分ツアー」なるプログラムを実施しました。
ふぉれすと鉱山の周りのフィールドを舞台に、何をするか自分達で考えてみる、というのが最終目標です。

まずは下見。どんな場所があって、どんな遊びが出来るのかを知るため、スタッフの案内でMTB(マウンテンバイク)に乗って鉱山町周辺のフィールドを巡りました。
下見なので一箇所に長くとどまらないのですが、それだけに余計期待度が上がっていたようです。

午後は選択プログラム。先生方3名も企画を持ち寄って、計5つのプランから自分のやりたい事を、誰とも相談せず自分自身で決めてもらいました。
その結果、
□川遊び
□鉱石拾い
□焚き火&ドラムカン風呂の3コースの活動が実施されました。
(他に、山ぶどうジャム&熊笹茶づくり、MTB三段の滝ツアーがありましたが、希望者なく・・・)

夜はふぉれすと鉱山名物「夜のかくれんぼ」で盛り上がったあと、いよいよ今回のメイン、翌日午前中の企画作り会議です。
2グループに分かれて、それぞれのグループでやりたい活動を決めます。

実は、今回の宿泊学習のメインは翌日のツアーではなく、この会議にあったりします。

6人のグループ各員は当然やりたいことは異なるわけです。
「多数決しない」「じゃんけんしない」「全員が納得する」というルールの下、子ども達は様々に葛藤しながら議論を尽くしていました。

結局どちらのグループもみんなの意見をうまく取り入れて、
1.山ぶどう狩り&川遊び
2.鉱石拾い&川遊び
という全員が納得するプランができました。

今回のプログラム、今後どこかで何かの糧になってくれれば嬉しいです。

なお、先生方は選択プログラムのために下見を繰り返してくれたり、会議では口を挟みたくなるのをぐっとこらえて子ども達を見守っていてくださいました。
とにかく先生方の協力あっての活動でした。

そして、2日連続で寒空の下川遊びを楽しんだ子ども達!あっぱれですね。
おそらく今年最後の川遊びとなりました。
参加者 合計 16名(うち大人 4名、小学生12名)
活動場所 施設内および周辺、岩ヶ崎坑跡、精錬所川原、カマンベツ川原
スタッフ 北川、大橋、吉原、上田(部分)
タイムスケジュール 27日 10:00〜12:00 鉱山町ロケハンツアー
    13:00〜16:00 自分ツアー1(選択プログラム)
    18:30〜19:30 夜のかくれんぼ
    19:30〜21:30 自分ツアー作り
28日 8:30〜10::30 自分ツアー2(自主企画)
    10:30〜11:00 ふりかえりとまとめ
Comment 北川
photos 北川
  
MTBでロケハン 豊作の山ぶどうに興奮!! 鉱石探しにも熱中
川の水は冷たい!! なのに、1時間半も遊んでいました 夜の企画会議、おつかれさま
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ