2007年8月2日(水)晴れときどき曇り ふるさとの川を知ろう第2日目
活動の内容
朝起きると、水槽の水は透明になっていました。ここに、水生昆虫をいれよう!2日目は本格的な水生昆虫の採取です。網を水の中につっこんで、石をはぐってピッタリと石にへばりついている水生昆虫を探します。慣れた子どもたちは、キカワゲラを中心に大物をとったり、カジカをとったりしています。ここは定点観測ポイントで、かなりの種数がいます。数ミリから数cmまで多種多様な水生昆虫を捕獲しました。
ある程度目処がついたので、せっかくだからと少しの時間川遊びを楽しんでセンターに帰着。水生昆虫がプカプカと気持ちよさそうに泳いでいました。

これから、毎週1回は水生昆虫やえさになる葉っぱ(にくっついた微生物)を繰り返しいれていくメンテナンスが必要になります。ぜひぜひ、鉱山にきたときには水槽をのぞいたり、川に水生昆虫とりにでかけてみてくださいね!
ちなみに、ちゃんとメンテナンスをすれば10年は稼働する!とのことです。
宮下さん、参加者のみなさん、そして保護者のみなさま、ありがとうございました。
参加者 18人、オブザーブ6名(大人2名、子ども22名)
活動場所 ふぉれすと鉱山ホール、銅精錬所河原
活動時間 7:30  朝食
9:00  河原へ(水生昆虫の採取、のち川遊び)
11:30 センター帰着・シャワー
12:00 まとめ
12:30 昼食・アンケート
13:00 解散
講師およびスタッフ(敬称略) 講師:宮下力氏
戸島み、庄司ふ、戸島さ、兼子た、今野、紺野、佐々木め、大橋、吉元
Comment 吉元
photos 吉元
第1日目(8月1日)へ
第2日目(8月2日)
←全講座修了後できあがった濾過装置と宮下先生、スタッフ、そしてまだまだ元気いっぱいの参加者の笑顔です
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ