2007年7月5日(木)−6日(金) 登別小学校5年生宿泊学習サポート
<5日>天気 くもり 気温 17度 2時15分〜15時半 トレッキング@発電所跡〜滝の沢橋下 20時〜21時
<6日>天気 霧雨時々くもり 気温 17度 9時〜11時 水生昆虫探し @精錬所跡
活動内容
「川」をテーマにした2日間。
川に入ってみたり、夜の川で虫やコウモリを探したり、水生昆虫を探したり、様々な活動を通して川の力を体感しました。

1日目は500mほどのリバートレッキング。距離は短いものの、急な瀬があったり、
足のつかない深みがあったりと、小学校高学年には適度な冒険が楽しめるコースです。


ですが、この日は気温が低く、朝からの雨は上がったものの、川の水は「痛い」と感じるほどの冷たさでした。

「これは短めに切り上げねば」と思っていたのですが、今回の子どもたいはとてもタフでした。
一度上った瀬をまた降りて何度も繰り返し上ったり、足のつかないところにずんずん進んでいったり。
こちらも楽しくなってきてしまって、短めどころか、普段よりも少々長めに活動してしまいました。

昼間の厳しく強い川の体験から一転して、夜の活動は「生き物を育む」という川のやさしさの部分を感じてもらいました。

近くの川原へ出かけると、気温がやや上がってきたおかげか、夜中に羽化する水生昆虫を食べにやってくるモモジロコウモリを見ることができました。

川面をすばやく飛び交う、野生動物のリアルな姿は、かなりのインパクトがあったのではないかと思います(私自身、感動してしまいました)。

2日目は水生昆虫探し。短い時間でしたが、子どもたちは「見たことないもの」にたくさん触れることができました。

最後のまとめの時間に、
「今回川で活動して、新しい発見をした人は?」と問いかけてみると、全員が勢い良く手を上げてくれました。

体験しなければ分からないことがたくさんある、ということを実感として分かってもらえたのではないかと思います。楽しい二日間でした。
参加者 合計 40名(うち大人 4名、小学生36名)
活動場所 発電所跡〜滝の沢橋下、精錬所跡川原
スタッフ 北川、遠藤、大橋、上田、西埜
Comment 北川
photos 大橋
ライフジャケットの付け方など、入念に説明 じゃんけんに負けたら一歩前へ!冷たい〜!! そしてどっぷり入っちゃいました
岩場を越えて 瀬を越えて 飛び込みまでして、アクティブに過ごしました
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ