2007年7月3日(火)−4日(水) 鷲別小学校5年生宿泊学習サポート
<3日> 天気 くもり 気温 17度 
    タイムスケジュール 12時半〜15時
<4日> 天気 霧雨 気温 18度
    タイムスケジュール 9時〜11時
活動内容
■植物、川、鉱石の3つのテーマに分かれての活動。
二日間とも同じテーマで活動し、体験を通して鉱山の自然について楽しく理解してもらおう、というのが今回の目的でした。

<植物コース> 担当:遠藤、成田
五感で、植物を感じるップログラム!
1日目は、みる・かぐ・さわる・きくで、植物を体感しました。
まずは、袋の中に隠された植物を手で触り、同じものを探しにいきます。
回を重ねるごとに手触りで、「この植物かな?」とあたるようになってきました。
そして、次は目隠しをして、同じにおいの植物を探します。
これは、みんな、ぴったり!だんだんと、五感が鋭くなってきましたよ。
それから、森の奥へ、いろんな植物を探しにいきました。
途中で、ヘビに会ったり、鉱石を探したり。

2日目は、あじわう…植物を食します♪
鉱山の森には、食べられる植物がたくさんありました。
イタドリ、ヤマグワの実、ゲンノショウコ、オオバコ、フキ、サンショウ、コシアブラ、ミツバなどなど。旬の素材を使った本日のメニューは、「ミツバの卵とじ」「ゲンノショウコのおひたし」「コシアブラとフキの盛り合わせ」

「サンショウのつけあわせ」デザートに「クワの実ジャムonクラッカー」。みんなで、料理をします。
ふぉれすとレストランを飾りつけ、できあがったメニューに大喜び!
たいへん美味しくいただきました。
家庭で食する野菜も、もとは自然の中にあったもの。
また、野草を味わいに来てね!

<川コース> 担当:上田
川コースでは、
自分達があらかじめ調べてみたいと思っていることをあれこれやってみることにしました。

といっても、いきなり川に入っていくのはとても危険なので、まずは説明を聞き、じっくりと準備を進めます。

いろんな道具を持ち、いろんな装備を装着して・・・
あんなことやろう、こんな風になったらどうしよう、とあれこれ想像しながら、川に行きます。

そして、活動開始。
水はとっても冷たいのですが、みんなけっこう長い間水の中にいたな〜。
カジカも見つけたし、川の作用が作り上げた淵に飛び込んでみたり。
楽しくもいろいろと発見できた1日目でした。

2日目は、普段なかなか見ることのない川の中に住んでいる昆虫を探しました。
最初は、なんだかいまいちだな・・・と思っていたけど、みんな、あれよあれよと言う間にたくさんの昆虫を捕まえてきました。
けっこうレアなものが出ましたよ。
さらに、魚やカエルまで捕まえることができ、大満足でした。

<鉱石コース> 担当:北川
1日目は精錬所の川原で水晶を、2日目は岩ヶ崎坑の坑道跡の目の前で黄鉄鉱を狙いました。


鉱石は地中深くに埋まっているものですが、水晶の場合は川の浸食作用のおかげで、黄鉄鉱の場合は人間による採掘のおかげで、手にすることができるわけです。

そんな違った作用で手にすることが出来るようになった宝物を探しに行こう・・・といった意識づけをして、2日間活動しました。
長い歴史をかけてつくられた鉱石がそんな作用で今目の前にある・・・なんてことにはロマンを感じてしまうのですが、それはさておき子どもたちは「宝探し」に猛烈に熱中していました。それだけに、きれいなものがたくさん
採れました。
また、先生の中にも、とても嬉しそうに一緒に探してくれている方がいました。

最後は2日間で拾った選りすぐりの鉱石を材料に、針金や紐を使ってアクセサリを作りました。

アクセサリはいつか机の奥にしまわれてしまうかもしれませんが、何かの拍子に再び目にしたとき、今日の嬉しかった気持ちと、自然の不思議さを思い出してくれればいいなあ、と思います。

参加者 合計 58名(うち大人 8名、小学生50名)
活動場所 ふぉれすと鉱山とその周辺、精錬所跡川原、滝の沢橋下、岩ヶ崎坑
スタッフ 北川、遠藤、大橋、上田  KoNG:成田(修)
Comment 北川、遠藤、上田
photos 遠藤、上田
このお花に虫がたくさんきてるよー これも、花なの? このへび、かわいいね
くわのみ、たくさんとるよ おいしくつくるぞー くわのみジャムのできあがり♪
うひゃ〜、つめたいっす ヘビトンボにはびっくりしたな〜 そっちから追い込んで!
じっくりと説明を聞きます。 雨降ってるけど、いいんです。濡れますから 最後はやっぱりこれをやっておきましょうよ
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ