2007年6月21日(木)−22日(金) 快晴 24度 室蘭聾学校4,5年生宿泊学習サポート
活動内容
昨年に引き続き、室蘭聾学校から4年生、5年生一人ずつがふぉれすと鉱山へやってきてくれました。

今回のテーマは「チャレンジ!カマンベツ」。
二日間の川遊びを通して、二人それぞれにとって困難な課題をクリアすることがねらいです。

5年生のR君は、カマンベツの沢にある4mの砂防ダムからの飛び込み(通称;「カマンベツダイブ」)を、4年生のT君はドラムカン風呂を沸かすための火起こしを、それぞれ目標に掲げてやってきました。

1日目には近くの川原でまず川に慣れることから始まり、夜には火起こしの練習。翌日のチャレンジに向けて、段階的に意欲を高めていくプログラムを構成しました。

そして、2日目のカマンベツ。天気も快晴だったこともあり、二人の士気はかなり上がっていました。
川原につくと、T君の「火起こし」のチャレンジは無事成功。いよいよR君のチャレンジ、「カマンベツダイブ」。しかし、なかなか飛ぶことはできませんでした。
4mの砂防ダムからは、水がゴウゴウと音を立てて流れ、実際の高さ以上の迫力があります。
初めてその淵にたったとき、大人でも飛び込めない人がいるほどです。

何度も淵に立っては戻り、飛び込みの姿勢を取ってはまた一歩下がり・・・を繰り返しましたが、帰りの時間が来てしまいました。

R君のチャレンジは達成することができませんでしたが、達成できても、できなくても、そのときの自分の中での心の葛藤は彼にとって大いに意味のあるものだと思っています。

カマンベツで遊ぶのは、実は今期はこれが最初。これから夏に向けて、数々のドラマがまた生まれていくことでしょう。
参加者 合計 5名(うち大人 3名、小学生2名)
活動場所 ふぉれすと鉱山、滝の沢橋下、カマンベツ沢
スタッフ 北川、大橋、上田
タイムスケジュール 21日 10時30分〜19時 滝の沢橋下、ふぉれすと鉱山 22日 9時〜11時半 カマンベツ沢
Comment 北川、大橋
photos 北川
  
ボートでぐるぐる カジカも捕まえました 1日目の締め、ダイブにチャレンジ
ドラムカン風呂、見事点火 4mの砂防ダム、先生もかなり躊躇 飛び込めなかったけど、よくがんばったね
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ