2007年 6月8日(金)天気 くもり

登別市立緑陽中学校中学校1年生 炊事遠足

活動内容
□MTB冒険ツアー 担当:吉元
□水晶探しツアー 担当:大橋
□鉱石アクセサリー作り 担当:学校の先生
□全開川遊び 担当:西埜
□ネイチャークラフト 担当:学校の先生
□林床整備お仕事体験 担当:学校の先生
□クマザサ茶作り 担当:学校の先生
□土壌動物探し 担当:北川
前日の雨で順延となった炊事遠足。今日もくもり気味ですが気温は高く、野外での活動日和です。
生徒150名の大人数、今回の活動は何と8コース!!
ご覧の通り、半分は学校の先生に担当していただきました。
事前の打合せの段階から先生方はとても積極的に関わってくださり、打合せ以外にも下見に来ていただいたりもしました。
お忙しい先生達には大変なご苦労だとは思いますが、このようにして私たちふぉれすと鉱山のノウハウが学校に蓄積されていけば、大変嬉しいことだと思っています。
参加者 合計 159名(うち大人 9名、中学生150名)
活動場所 ふぉれすと鉱山周辺
スタッフ 北川、吉元、西埜、大橋
タイムスケジュール 12時50分〜14時30分
<ネイチャーガイド> 紹介するものには興味を持ってくれ、視点を変えるといろいろなものが見えてくるということは伝わったと思う。
また、ゆっくりしたペースで進めたので、「のんびりできた」という感想をもらうことができた。
<鉱石探し> 全員が時間中ずっと夢中になって探していた。
はじめから「どれが水晶か」を教えないという工夫をすることができた。何人か水晶を見つけられない子がいた。
黄鉄鉱などは拾える場所があるので、そこを経由して、全員に成功体験をさせるべきだった。(最後に、割った石の一部をあげることで対応した)
<MTBツアー> 川での活動の時間をもう少し長くしたかった。
セーフティートーク、練習にそれなりの時間をかける必要があるので、
短時間のプログラムだとどうしても活動時間が短くなる。
Comment 北川
photos 吉元、大橋、西埜
  
崖沿いの道はスリル満点です 熱中すると時間を忘れます
冷たいっ!!けど楽しいっ!!
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ